ポストカード〜活版印刷への挑戦〜

四国の魅力を伝える手段としてポストカードを制作していますが

あらたな雰囲気のポストカードを増やしていこうと活版印刷の工房へ伺いました。

浅草合羽橋にあるその工房はとても居心地がよく癒されました。

今では大量印刷のため手間と時間を要する活版印刷は少なくなってきています。しかしその風合いと温かみはただ文字を印刷しただけとはいえない。いい味を出しています。

ニッポンで長く培われた印刷技術と四国の魅力をコラボレーションさせていこうと考えています。

お世話になったFUPの溪山さんからいろいろ教えていただきイメージは膨らんでいます。

素敵なものを作ります。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    こにしたかお (水曜日, 16 7月 2014 20:37)

    はじめまして 香川県 高松に住んでいます小西と申します。最近、活版印刷の魅力や可能性に関心を持ちはじめまして 最近 自分なりに インターネットで いろんな作品を見ておりましたら こちらを拝見させていただきまして コメントさせていただいております。印刷会社に勤めていまして 古いプラテンというハイデルの機械が会社にあるものの ほこりをかぶって眠った状態で おまけに 「興味があるので練習させてくれないか」と申し出ましたら 先輩社員から 「そんな印刷機 もういいから ほかの機械整備して」と言われました。確かに 儲からないし ニーズもそんなにないのかもしれませんが 僕は とても 活版印刷による印刷物に心を惹かれます。 味と言いますか なんか人の手のぬくもりというのでしょうか 温かみといいますか 心魅かれます。印刷会社でオフセット印刷をしていて活版印刷には無知に近いのですが これからも 興味を大切にして 自分なりにちょっとずつ勉強していきたいと思っています。
    将来、定年になったら 足ふみプラテン印刷機で プレスレターなど 自分で小さな印刷店が出来ればいいなあと 年甲斐もなく 小さな夢をもっています。こつこつ勉強していこうと思います。長々と 失礼しました。 

  • #2

    forshikoku (日曜日, 20 7月 2014 23:08)

    こにしさま。
    コメントありがとうございます。
    活版印刷の良さは我々も実際体験し触れてさらに認識しました。
    ブロクに書かせていただきました通り四国の魅力と活版印刷を活かしてコラボ出来たらとおもいます。
    何か素敵なアイデアがあれば是非ご提案下さいませ。
    これからもよろしくお願いします。

  • #3

    sekstel (金曜日, 03 11月 2017 20:09)

    krawiectwo

We are "FOR SHIKOKU"

Hello!!

We are members of "FOR SHIKOKU".

We were born and grew up in Shikoku and love there so much.

If this web site would give you an opportunity to be interested in Shikoku, it will make us happy.

はじめまして!!

私たちがFOR SHIKOKUメンバーの2人です。

それぞれ香川県、愛媛県で生まれ育ち、四国のことが大好きな2人です。

地元四国の素晴らしい文化を世界に発信し、
四国を盛り上げていきたいと結成しました。
まだまだ慣れない事ばかりですが、どうぞよろしくお願いします☆